無料のネットショップ集客方法とコツ!宣伝は工夫次第なのです

現役講師がスマホやSNSを使って無料でネットショップに集客する方法やコツを伝授!ツイッターやフェイスブック、LINEを使う効果的な販促や宣伝方法満載

ネットショップ開業時に必要な届け出や免許について

ネットショップを始めるには、インターネット環境の整備や商品の仕入れ先を決定するほかにも、扱う商品によっては開業手続きを行なう必要があるものがあります。

 

商品によっては認可が必要ではないものもありますので、その場合は特に届け出をしなくてもお店を開くことができますが、届け出が必要であるにもかかわらずそれを怠ってしまった場合には罰金などの刑罰が科せられるため注意が必要です。

 

f:id:find-search:20150531212328j:plain

ネットショップで免許が必要なジャンル

野菜や加工品などの食品を販売する場合、特に登録手続きをする必要は無く、販売免許を取得する必要もありません。

 

扱う食品によっては営業許可や調理師免許が必要になる場合があります。例えば自家製の漬け物やお菓子類、加工した魚介類、チーズなどの乳製品がそれにあたります。

 

これらの食品を扱う場合には事前に保健所へ申請を行なう必要があります。同じ食品でも野菜類を販売する場合や、缶詰を仕入れて販売する場合などは許可は不要になります。

 

中古品・金券ショップ・輸入関連は免許が必須

中古品を扱うネットショップを開業する場合には、古物商の免許を取得しなければなりません。

 

ネットオークションで自分のものを売る場合には特に許可は必要ありませんが、販売目的で中古物品を仕入れる場合は、古物商の免許を取得することが必要になりますので、注意が必要です。

 

金券ショップを運営する場合も同様です。お店として営業する場合、中古品の売買には必ず資格が必要になると言うことを覚えておけば大丈夫です。

 

輸入品を取り扱う場合にも注意が必要です。海外から仕入れを行なう場合、商品によっては許可が必要な場合もあります。食品を輸入して販売する場合、許認可が必要になりますし、国内法についてもよく知っておくことが必要です。

 

検疫などの手続きについてもあらかじめよく理解しておくことが必要になります。すでに国内に輸入済みの商品を国内で仕入れて販売する場合はこの限りではありません。あくまで直接輸入を行なって販売することが対象になります。

 

食品や動植物は法律知識が少し必要です

ネットショップの開業手続きは、食品以外の雑貨であれば開業手続きに必要なものはほとんどありませんが、食品関係や動植物を扱う場合には、許可が必要になる場合があるため、事前に保健所に確かめておくようにすると良いでしょう。