無料のネットショップ集客方法とコツ!宣伝は工夫次第なのです

現役講師がスマホやSNSを使って無料でネットショップに集客する方法やコツを伝授!ツイッターやフェイスブック、LINEを使う効果的な販促や宣伝方法満載

ネットショップで売り上げを伸ばすための大切な思考法

ネットショップの運営を成功させるには、売れるための仕組みを学ぶことが大切です。何らかの商品やサービスを売りたい場合、どんなに魅力のあるものでもお客さんが来なければ売ることはできません。

 

ネット通販で売れやすいものを探すにあたり考えたいのは、売れる商品を探す前に、売れる方法を考えることです。

 

お店を開く際に勘違いされやすいのが売れそうなものを仕入れれば、自然に売れると言う考え方です。この方式はマーケティング基本に反するので、結局失敗してしまいます。

 

ネット通販では衝動買いをしてしまうケースが多いので、売れそうに思えない商品でも、アクセス数さえ伸びれば売れてしまうことがあります。

 

買い物をするつもりがないのに新しくオープンしたお店に足を運んでみたら、ついついいろんな物を買ってしまったといった経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

家に帰ってきてから、「なんでこんな物を買ってしまったんだろう」と後悔してしまうこともあるものです。ネットショッピングもこれによく似ています。つまり売れそうなものを考える前に、お客さんを呼び込むことが大切です。

 

 

集客を考えたなら次にネット通販をする際に売れやすいものが何かを考えます。お店で何を扱うかをよく考えるようにします。何でも売っている総合スーパーのようにするのか、特定のジャンルに絞り込んで専門店的なショップにするかはオーナーの判断になります。

f:id:find-search:20150601172558j:plain

個人でやるならニッチな専門店を目指そう!

これからネットショップを始める場合には、総合スーパーではなく、専門的なお店を開いた方が売れやすいということを覚えておくようにしてください。

 

総合スーパーのようなECサイトはアマゾンや楽天、ヤフーショッピングなどがすでに販売手法を確立し、ほとんどの人がそのようなサイトから購入するため、個人では立ち行かないのが実情です。

 

専門店にする場合は、どのようなものを販売するか、商品を絞り込むようにします。売れやすいものとしては、季節ごとの商品がおすすめです。

 

春の花粉のシーズンであればマスクや花粉用めがねなどの花粉対策グッズ、夏であればひんやりシートなどの快眠グッズを選べば面白いくらい売れてしまうことがあります。年間を通じて必要な所謂定番商品も狙い目です。