無料のネットショップ集客方法とコツ!宣伝は工夫次第なのです

現役講師がスマホやSNSを使って無料でネットショップに集客する方法やコツを伝授!ツイッターやフェイスブック、LINEを使う効果的な販促や宣伝方法満載

ネットショップの画像や写真の著作権は?無断で使っていいの?

ネットショップをオープンする場合は、掲載する写真の著作権に留意することが大切です。写真などの画像には肖像権などが設定されているため、他の人が撮影したものを無断で使用することは基本的にできません。

 

著作権に違反すると重い刑罰が科せられることがあります。刑法では著作物を無断で利用する行為は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金となっていて、法人格が著作物を無断利用した場合最高で3億円の罰金が科せられます。

 f:id:find-search:20150604002814j:plain

ネットショップを開設する場合には、こうした権利に関しても正しい知識を有しておくことが必要になります。

 

著作権フリー素材でも商用禁止の場合もある!

ネット上では画像を自由に使用できるようなフリー素材もあふれています。これらの素材を使えば権利を侵害することは無いと思うかもしれませんが、使用の前に注意事項をよく見ておくようにしてください。

 

よく見られるのが商業利用ではない使用については大丈夫で、商業利用については禁止しているケースです。この場合、もし無断で自社のサイトに画像を掲載したりすると著作物に対する侵害行為となり告訴される可能性があります。またそのような場合に慰謝料を求める記載がある場合もあります。

 

トラブルになりたくないのなら有料素材を使おう

もし商用利用で画像を使いたいと思う場合には、素材を自由に利用できるソフトを購入したり、有料のオンラインサービスに加入したりするようにすれば問題は起きません。商用利用の場合、料金が高めに設定されていることもありますので、予算をある程度確保しておくようにしてください。

 

もし費用が高すぎると感じる場合は、自分で画像を撮影したものを掲載すると言う方法もあります。この場合は自分の好みに合わせた画像が準備できると言うメリットがありますが、それでも撮影のために時間をかけたり、費用を払わなければならないこともあったりします。

 

キャッチフレーズも著作物の場合もある

画像以外の文章やキャッチフレーズについても同様です。他のサイトの説明文をコピーして掲載したり、似たようなキャッチフレーズや商品説明を掲載したりすると、権利に違反することになります。

 

商標についても同様ですので、店舗名を考える場合にも注意が必要です。他の人が所有する権利を保障するのが著作権の役割ですので、私たちも法律を遵守するようにしましょう。