読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料のネットショップ集客方法とコツ!宣伝は工夫次第なのです

現役講師がスマホやSNSを使って無料でネットショップに集客する方法やコツを伝授!ツイッターやフェイスブック、LINEを使う効果的な販促や宣伝方法満載

ショップのトップページにアクセスが来ない理由

ネットショップのトップページにアクセスが上がらない場合には、いくつかのポイントを整理して置くことが大切です。自分のサイトをよく見直して改善点がないかどうかを確かめていきます。

 

アクセスが伸び悩む原因としては、サイトのディレクトリ構造、HTMLの記述方法、キーワードの設定、有益なコンテンツの不足があります。

 

f:id:find-search:20150603141513j:plain

 

これらの点を改善することで、サイトのアクセス数を増やすことができますし、売り上げアップにも貢献してくれるようになります。改善点の具体的な内容をまとめてみます。

 

カテゴリやテーマ別に階層化しよう!

ネットショップのディレクトリ構造を見直すことで検索エンジンに認識されやすくなります。商品ページのURLを設定する際には、ディレクトリ構造を見直すことが必要になります。

 

カテゴリを自動生成するプログラムを使うと、ロボットに認識されにくくなってしまう可能性があるため、できればカテゴリの商品と関連した名称を自分で設定するようにしてください

 

HTMLの記述で注意したいのがショップのトップページをJavaScriptだけで作成してしまうことです。

 

見栄えは確かにいいのですが、ロボットはJavaScriptを認識することができません。スタイルシートについても同様ですが、ロボットを意識してサイトを作成する場合は、JavaScriptやスタイルシートは別のディレクトリに格納してHTMLを目立たせる工夫が必要です。

 

f:id:find-search:20150608142731j:plain

 

ネットからの集客キーワードを意識出来ないとダメ

キーワードを設定する際には、ターゲットを意識したキーワード設定が重要になります。

 

売りたい商品の名前よりも、商品を検索する際に候補となるキーワードをよく選んで商品ページ内に記述するようにします。また<title>、<meta>、<h1>等のタグの中にキーワードを入れるようにします。

 

検索してほしい順番にキーワードを設定してください。キーワードが多すぎてしまうと、クローラーがペナルティの判断を下す可能性がありますので回数には十分注意しましょう。

 

最後に有益なコンテンツですが、これは商品ページ以外にサイトを際立たせるための情報ページを用意することが含まれます。

 

1ページの当たりの文字数が少ないのは致命的

例えば店長の一言や、商品の活用方法などを紹介したページ、商品に関連した情報などを盛り込んだページのことを指します。可能であれば1ページあたり1000文字を目標にコンテンツを増やして行くようにしてください。