読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料のネットショップ集客方法とコツ!宣伝は工夫次第なのです

現役講師がスマホやSNSを使って無料でネットショップに集客する方法やコツを伝授!ツイッターやフェイスブック、LINEを使う効果的な販促や宣伝方法満載

商品がなかなか売れないのはランディングページと商品構成!

インターネットでショップを開設すると、できるだけ多くの人に来てもらいたいと願うものです。

 

定期的にアクセス数をチェックして、注文が入っているかどうかを確認します。うまくいけばうれしくなりますが、なかなかそうも行かない場合もあります。

 

ネットショップで商品が売れない場合には、改善策を講じる必要があります。一旦商品が売れなくなってしまうと、売り上げは急激に減少し、負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高くなります。

f:id:find-search:20150609135728j:plain

かつてはネットショップをやっていたけれど、やめてしまったと言う人の多くは商品が売れなくなったのが原因と答えています。

 

売れない状況に陥ってしまった場合にすぐに取りかかることのできる改善策のいくつかをまとめてみました。

 

ランディングページを見直そう

状況を改善するためにできることの一つが、ランディングページの改善です。ランディングページを構築することで、商品の売り上げが大きく変わってきますが、

 

ランディングページの情報が古くなったり、インパクトに欠けたりしてしまうと、売り上げは急激に減少に転じるようになります。

 

ランディングページが果たす役割は、サイトを訪問した見込み客がこの店なら安心できるという気持ちを抱かせるように助けることです。

 

そのためには、見込み客を引き込む文章構成に変更する必要があります。基本的な構成はキャッチコピー、問題提起、商品の紹介、商品を手に入れるメリット、商品を使用した人の感想、他の商品との違い、商品購入を促すコメントです。

 

ランディングページにこれらの要素のどれか一つでもかけている場合は、調整が必要になります。

 

商品構成がズレると売れない

別のポイントは見込み客に訴える商品構成にすることです。ターゲットを設定して、何を誰に売りたいかを明確にします。

 

マーケティングの基本は見込み客が気になる商品を発見し、その商品について知りたいという気持ちを抱かせ、商品に対する欲求を植え付け、気持ちが高まったところでプッシュすることです。

 

ある程度ターゲットとなる客層を思い描き、その客層にあった商品を提案するようにします。

 

他のサイトの情報をそのままコピーすることはできませんが、売れているショップを参考に、どのような商品選びをしているかを見て、参考にできることは当てはめるようにすることができます。