無料のネットショップ集客方法とコツ!宣伝は工夫次第なのです

現役講師がスマホやSNSを使って無料でネットショップに集客する方法やコツを伝授!ツイッターやフェイスブック、LINEを使う効果的な販促や宣伝方法満載

ワードプレスでネットショップの集客をしようとしても大抵失敗します。

もう、個人的に何名、いや、何百名の方のネットショップ運営者の方にアドバイスを差し上げているのですが、デザインがオシャレという単純な理由だけで、ワードプレスブログで、アパレルショップや、小物雑貨の販売ページを作っても99%集客に失敗します。

 

商品自体に大差がないのなら、見栄えで差がつくワードプレスを中心に集客をかけようと思うのが初心者の思い込みですが、集客と販売は切り離して考えた方が良いです。

 

f:id:find-search:20150614085202j:plain

特に検索エンジン経由でアクセスを集めようと主のなら気を付けてください。

 

ワードプレスで集客を失敗する理由

① 集客媒体が検索エンジン以外にない

 

⇒ まず、ワードプレスの場合は集客媒体が主に検索エンジン以外ありません。ということはキーワードで上位の物がない限り、アクセスはゼロになります。

 

みなさんも、検索結果の10番以下のキーワードなど調べないはずです。ということは自分の商品やサービスに合わせて1位を取れるキーワードを生み出すやり方を知らないと、アクセスゼロの販売ページが出来ます

 

② 個別記事のSEO対策が意外と難しい

 

⇒ あまりにもプラグインの性質を知らない方が多いです。無料ブログとHTMLサイトとワードプレスの違いが分からないで。広告なしのブログサービスだと思っていてはダメです。

 

最低でもall in one seoなどのプラグインがきちんとで設定可能。サイトマップが遅れたり、パンくずリストが作れたり、関連記事をきちんと表示できたり、カテゴリの階層化の知識がないとダメです。

 

これらの用語が分からないのは論外です。

 

③ オシャレが故に売り込み感が出やすい。

販売につながる最後の購入ページをLPと言うのですが、ここをオシャレにし過ぎた生で、人間の生臭さというか、親しみが消えてしまい、成約率が落ちてしまいます。

 

もちろんアパレル系のネットショップ、美容関連ショップは見た目も重要なのですが、業者っぽく作らない方が、個人店では売れます。

 

ワードプレスは記事数が増えないとSEOが弱い

ネットショップで商品数が少ない場合、記事を増やそうと思っても、同じような商品ばかりを並べることになると思います。そこで毎回同じようは文言で、商品を紹介しても、重複コンテンツとみなされます。

 

f:id:find-search:20150614085229j:plain

さらにワードプレスは記事数が増えないとSEOが強くなりません。大量に販売ページを作り、さらに毎回オリジナルのネタが書けない人にとっては不利な面もあるので気を付けてください。

 

初心者はドメインが優遇されている無料ブログ集客がオススメ

初心者の方には、ドメインが優遇されている無料ブログの有料プランがおすすめです。はてなPRO、ライブドアPRO、fc2有料プランなどは初期からアクセスも伸びやすく、ネットショップの集客には最適です。

 

中でもアメブロは独自の集客媒体、読者登録やペタ、ナウなどを持っていますので、まずはここから始めましょう。